コンプレックスも舞台に上げてしまえば笑いになる

人はコンプレックスかプライド、どちらかの塊なのかもしれないと思うことが増えた。


それならば自分はコンプレックスの塊だろう。色んなものを消化できずに、私まだずっとそう思って生きている。

 


小学生の頃の私は、俗に言うガリ勉のいじめられっ子ではあったがそれなりに活発で成績も悪くなかっただろうし、勉強や習い事や趣味などの楽しみも持っていて、ちょっと変わった大人しい女の子だったと思う。先生方からは目を掛けられていたし、周囲の大人からは無欲な良い子と言われていた。時折泣き腫らした目で登校してきたり、どこかしら傷だらけなのに目を瞑れば。

しかし高学年になった途端それは逆転した。

小学5年生の頃の担任教師には、何もしていないのに学級会で「お前にはプライドがない!」と急に突き飛ばされたし、6年生の頃の担任には放課後突然寒空の下へ呼び出され「いじめではなくお前に協調生がないだけだ」と長々人間性についてお説教されたこともある。


どうせ成績が良いだけで、人よりちょっと話すのが下手くそなだけでいじめられてしまうのなら、大人しく図書館の本だけを友とし、中学受験のこと以外は考えずに真面目に過ごしていたのに、何故急にそんなことを言われなきゃらないのだ。

お前に何がわかる。それでも人の親なのか。などと私は小学生ながらに心の中で叫び、教師や大人というものにショックを覚えた。


それからの私は勉強にも身が入らず志望校にも落ち、身体中に切り傷を増やし「メンヘラ」と分類される女になり、加えて腐女子のオタクで厨二病も全開で、目を当てるのも痛々しいクソガキな中学生へ成長していった。

幸い中学の頃は入学後すぐ学級会長という役職にも就いたし、流石私立ということもあり「同じにおい」のする子も少なくなく、部活や趣味を通じてそれなりに友人もできた。自身がセクシュアルマイノリティやメンヘラだという自覚や、身体の傷を増やし続け、ODを覚え、摂食障害になり、心身共にボロボロになったことさえも全てひっくるめて今では思い出(黒歴史)である。

 

 

 


コンプレックスを舞台に上げればそれはロックになる

 

 

 

なんて昔耳にした名言。

意識をしていたかどうかはわからないが、高校生から私は急激に変わっていったと思う。


具体的に言うと明るくなっただろう。

高校を中退してからはフリーターではあったが同級生より一足早く社会へ足を踏み入れた。

学生バイトでもそうであったが、もっと広く誰も知り合いのいない環境だと気楽でもあったし、変わらなきゃという焦りも辛かった。少しずつ社会というものに適応しようと必死だったのだ。

 


しかしどこへ行ってもどれだけ隠してもいつかはどこかで訊かれるのだ。訊く奴がいるのだ。

「その傷跡どうしたの?」

まあ今時よくいるが、それでも少し酷い傷跡だったしこれは自業自得、一生付き纏うもの。

最初の頃は何て返したらいいのかわからないしコミュ障全開だったのを今でも覚えてる。あれは高校1年生の時のバイト先だったなあ。

 


もう何年腕や脚を切っていないかなんて知らんが、今では通信関係の営業マンでキャバ嬢だ。喋れないでどうする。

人と話す時、私の過去は、黒歴史は、全てネタとなる。ブラックジョークとも言えるが、笑い話なのだ。

それは私の中で笑い話としてもう片付けたからである。いや正直全然笑えないし、毎日泣きたいし頭の中では何回だって身体にナイフ刺してるよ。本当に笑えてたら夜な夜なこんなポエムは書かないだろう。

 


でも、私にとっては全て舞台に上げて笑い話にするしかないのだ。そうでなければ、私自身が笑顔でいられないから。

小学生の頃の私は笑わない子だったというか、笑えない子だった。それには勿論事情もあったが。

でも今はよく笑うしよく喋る方だと思う。加えてよく食べるしよく飲む。

いつも笑っていると人が寄ってくる。辛い時でも笑って話していると、気付いてくれる人はいるし支えてくれる人はいる。

 


私にそれを教えてくれたのは社会に足を踏み出した時の先輩や友達だ。

夜の世界に入ってからは、日中の仕事以上に辛い過去を背負って毎日笑っている先輩に沢山出会った。

私はそんな先輩方や友達から笑顔や愛情、色んなものをいっぱい貰っている。

だから私は笑っていられるし、どんな過去もコンプレックスも笑い話にしようと思える。

 

 

人生が舞台だとするなら、舞台の上では笑顔でいなければならないのだ。私の人生は私が主役なのだから。

子供の頃の暗い過去が練習やリハーサルで、大人としての今からが本番だとするなら、私の人生は今からだ。だって私は若い。

あの頃のどんなに嫌いな大人より、先輩方より若いのだ。

でもまだ私はコンプレックスの塊でしかいられない。

それも舞台に上がれば、私というコンプレックスそのものが笑いだ。

 

 

 

 

 

 

コンプレックスも舞台に上げてしまえば笑いに変わる

 

 

 


舞台にも休憩は必要だけどね。

今日も部屋の奥は溶けそうな熱さです

お腹の奥が溶けるように熱い。
ドロッとして熱を孕んだ重み。
それはきっと今の私の塊のようで
熱く、湿って、鈍く気怠い重さ。


他人が中に入り込むと痛みを感じる。
誰にも踏み込まれたくない、本当は見てほしい。
私の中の奥。深いところ。
急に踏み込まれると痛いから、指で触るように優しく見て。
でも、扉は固く閉ざしてあるから激しく壊してくれなきゃ開けない。
心も身体も同じだ。
知ってほしい奥は心の中なのに。

こんなはずじゃなかったと、
こんな日々は思い描いてた未来と違うと
幼い頃の私が奥で叫んでる。
私は今もあの頃の私のままなのに
人の目に映る姿は違うのだろうか。

なりたかった私になれてない。
そもそも理想の将来の私とはなんだったのだろうか。
確固としてぶれぬ夢や目標があったのなら、私は今こうして未来の自身への幼い期待を裏切ることはなかったんだろうか。
なりたいものなどなかった。
ただただ流れるままにと誤魔化しては
自分の誤った選択を否定しないように
そうせざるを得なかったのだと言い続けて
これ以上自分を責めて、また壊れないようにと言い訳。
いっそ壊れてしまえ。
一度は壊れて転んで立てたのだから、もう一度転んだからなんだというのだ。
もう自分で立ち上がれるだろう。
いつまで幼さに縋っているのだ。

私はきっと父と母にありのままを認めてほしかった。
頑張ったねと頭を撫でて褒めてほしかった。
兄のように上位であり続けること、良い点を取ることが当たり前ではないと、努力しても才能に差は出てしまうのだと、諦めてほしかった。
私は所詮出来の悪い子だから、兄とも、あの子達とも同じことは出来ないのだと隠れて泣いていることを知ってほしかった。
大人になったねと言ってほしかった。

親が私を子供だというのは、努力などしたことないことを知っているからこそだ。
本気になっても、期待に応えられない自分を見せるのが怖いのだ。
それは大人の期待だったり、幼い頃の自分からの期待だったり。
いつまでも頑張らないことを頑張れないだけなのだと言い訳している。
私が見てほしいのは成績じゃない。
大人の望む良い子の部分ではなく、
ただ今を楽しんで一瞬一瞬を幸せに生きていたいと、死ぬはずだったのに前向きになった今の私の心の奥の気持ちや考えだ。
でも、もういい。知られなくてもいい。
知ってほしいのはもう親ではないのだ。

行きずりに流れるままに、手を取って
誰かと朝を共にすることが増えた。
そのコロコロと変わる誰かがいつか
いつも同じ一人だけになってほしい。
いつか出会えるその人だけが知ってくれたらいい。
その人にだけ奥に触れてほしい、奥を見てほしい。

早くその誰かに出会える日を待ち望んで
私は今日も夜の街に足を踏み込む。
それこそが間違いだとわかっていても
きっと同じ暗さを求めてしまっているのだ。

夜は真っ暗な部屋だ

眠れない夜が増えた。
というか眠らない夜が増えた、といった方が正しいだろう。
私は朝まで眠らずに何をしているんだろうか。

遊び歩く夜。
一人歩いて帰路に就く夜。
夜の街はネオンがギラギラして見えたり、足元も見えないほど真っ暗に見えたりして怖い。
まるで人の目のようで怖い。
なのに近付きたい。触れたい。

夜は真っ暗な部屋だ。
部屋の中に二人きりでフワフワとなれば、そこには性しかない。
理性などいらない、ただ求めるままに。
離人しているように浮遊していなければ、少しも素直になれない、可愛くない女。
今の私にはそれしか縋るものがない。
それしか自分を表せるものがないのだ。
部屋の中にいる時は、孤独しかない。
誰かの腕の中に居たとしても、誰かを想っていても、結局独りだ。
だからこそ触れたくなるし、触れてほしくなる。
そうやってぐるぐる考えて、想いを馳せる。
この部屋は、私にとってそういう空間だ。

でもいつか、この部屋に一人じゃない日が来ることを待ち侘びてるのだ。
ただ静かに願っているのだ。